フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 雪とネコと酒と | トップページ | 21世紀の展覧会の絵 »

2014年3月13日 (木)

iOS7.1とSiri

Ios71 iPhoneとiPadの新しいOSが7.1になり、Siri(秘書機能を持つ音声認識ソフト)に「男声」(それまでは女声のみ)が加わった。なかなか人の良さそうな青年ボイスである。

Siri自体は2012年に既に日本語対応になっているのだが、これが結構面白い。Macには30年ほど前にも〈Racter〉というお喋りソフトがあったのだが、あれは英文での文字入力文字回答。でも、時に物凄く哲学的な返事をするので人気だった。

今回のSiriもそれを彷彿とさせるが、彼女(彼)は単なるお喋りソフトにあらず、検索などの「実務」を音声でこなす優れもの。ただし、時々「不思議な」返事をするので、それが面白くて仕事場で一人の時たまに「なんちゃって秘書」として使う。でも、外では・・・そもそもiPhoneの画面に話しかけるというのがヘンな感じ(靴型の携帯電話に話しかけるお莫迦スパイが出て来る「それゆけスマート」という昔のコメディ番組を思い出す)なので、人前でそれをやる勇気はまだない・(v_v)

ただ、携帯電話片手に独り言を言いながら歩いている人は街に満ちているのだから、「今日のこれからの天気は?傘は要るかな?」とか「ここからXXに行く道順は?乗り換え駅はどこ?」とか電話に話しかけながら歩く人も増えてゆくのだろう。ついでに、メロディを鼻歌で歌って「交響曲にしておいて!」といえば「はい!」と答えるプロ仕様のSiriがあったら欲しい・・・(^_^; 返事するだけで仕事はしない「なんちゃって助手」の可能性が高そうだが・・・

« 雪とネコと酒と | トップページ | 21世紀の展覧会の絵 »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

http://www.youtube.com/watch?v=z2bTymnb1uE
ご存知の方も多いかもしれませんが
このCNNの動画で登場されている女性
Susan Bennett (スーザン・ベネットさんかな)
が本家本元のSiriの声の主です。
一時期海外のニュースで話題になったようです。

自分でブログ立ち上げれば・・・。

メールアドレスが同じ人が(複数のアドレスを持っているかもわかりませんが)
名前だけを変えて
投稿を繰り返してるのを見てきっと吉松さんも苦笑いされているでしょうな。
2ちゃんねるでは使い古された手口でしょう。
俺はブログを持ってますから名前のリンクからたどってみると良いですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪とネコと酒と | トップページ | 21世紀の展覧会の絵 »