フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« iTunesとScannerの連休 | トップページ | 留守番@連休 »

2014年5月10日 (土)

楽譜古墳の発掘

Scoress次回PDF配本用として〈交響曲第5番〉〈同第4番〉〈チェロ協奏曲〉〈アトムハーツクラブトリオ第1番・第2番〉などのスコアの最終整備中。

むかしむかしの手書きの頃の作品(パラレルバード・エチュード、サジタリウス牧歌、虹色ぷりずむ、雨月譜など)もオリジナル原稿を発掘し、こちらは手作業でコツコツSCAN。スキャナーで読み込んで〜歪みを修正して〜1ページ1ページ汚れを取って〜きちんと揃えて〜表紙を付けて〜PDFファイルに統合して綴じる・・という地味な作業。

古墳の発掘をしているみたいで面白いのだが、新しい曲を書くヒマがないのが難点・・・(>_<)ゞ

« iTunesとScannerの連休 | トップページ | 留守番@連休 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

パソコン入力だけで、手書きの存在しない浄譜ソフトのみを用い作曲された近年の作品については、危険な面がいろいろ気になります。

後世の人が、先生の全作品をデータベース化しコンピューターに作風を分析させ先生に真似ながら作曲し、「埋もれていた吉松先生の未発表作品を見付けました」と偽って発表しても、自筆譜が無ければ嘘を見破るのは困難かも。

理研の切り貼り論文問題にもそうですが、3Dプリンターでの拳銃製造、軍事分野での無人機の高性能化など、技術の発展が思いもよらぬ新たな問題を引き起こすといった事例に、最近よく出会います。

将棋の世界では、コンピューターがトップクラスのプロ棋士相手に独創的な手を指して楽々勝つ時代です。

古墳(楽譜)の発掘が出来るのがうらやましいです。
古墳が発掘出来るようになれるよう努力しなければ。
がんばってください!(曲作りも・・・)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« iTunesとScannerの連休 | トップページ | 留守番@連休 »