フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« 大雨の新宿deコンサート | トップページ | デジタルvs手書き »

2014年6月 9日 (月)

第3番PDF化

Sym3交響曲第3番のスコア電子化に挑戦中。

楽譜制作にFinaleを導入し始めたのが1997年頃だが、オーケストラにまでフルに使い始めたのは21世紀になってから。というわけで、1998年作のこの曲は、ぎりぎり電子化以前=手書き時代の(最後の)作品ということになる。

それにしても、手書きは「怖い」。パソコン入力の「繰り返し音型」はカット&ペーストだが、手書きのそれは「執念」。「書き写し」「貼り付け」「繰り返す」途方もない労力から滲み出てくる「怨念」みたいなものが楽譜にどろどろ渦巻いている。

それでも、この曲の場合は「手書き」と言っても、手元にあるのは鉛筆原稿をコピーしたものなので、オリジナルの「怨念」とは比ぶべくもない。(実は、オリジナル譜の多くは委嘱先や出版社にあるので、作曲家の手元にあるものは意外と少ないのである)。

そもそもコピーすらなかった時代は「手書きのオリジナル」がこの世に一冊しかないわけで、あれは確かに「恐怖」だった・・・(実際、誰かに楽譜を渡したまま行方不明になった作品は数知れず)。自分の生きた証が消滅しないように複製(コピー)を作るというのは、生物の本能なのだろう。例えそれが壮大な「無駄」だとしても・・・

« 大雨の新宿deコンサート | トップページ | デジタルvs手書き »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

大変な作業ですが、がんばってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大雨の新宿deコンサート | トップページ | デジタルvs手書き »