フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 続デジタルvs手書き | トップページ | 曲がったキュウリを作る家 »

2014年6月15日 (日)

ASKS第3回配本

Chikap

ASKS第3回配本(予定)


◎交響曲第3番 (手書き譜)
◎左手のためのピアノ協奏曲〈ケフェウス・ノート〉
◎チカプ(fl-orch版:手書き譜)
〇白い風景@fl,vc & hp(+strings)(手書き譜付き)
〇鳥リズム@ perc ensemble(手書き譜付き)
〇鳥ポリリズム@ perc ensemble
〇ミミックバード・コミック@ horn & perc
〇チェシャねこ風パルティータ@ pf & perc
〇夢詠み@二十絃箏

楽譜を出版する時はもちろん専門の業者に清書してもらうのが普通だが、現代モノ(特に大編成の曲)の場合は、あまりに複雑すぎるのとコストがかかりすぎる(のと売れない)のとで作曲家手書きの楽譜をそのままコピーして出すことがよくある。しかし、作曲家の中には印刷譜よりキレイな楽譜を書くヒトも少なくなく、例えば武満徹さんの60年代の作品(環礁やテクスチュアズからカシオペアあたりまで)は、これはもう美術品として鑑賞できるほど精緻で芸術的なものだった。松村禎三氏の「交響曲」や「前奏曲」も(出版の時に校正を手伝ったのだが)「手書きのまま出せばいいのに!」と叫び出したくなるほど(作家の魂が宿っていて)美しかった。清書してしまうなんて勿体ない…という楽譜も世の中にはあるのである。(イヤ、だからといって自分の手書きの楽譜をそのまンま販売してしまうことの言い訳にはならないのですけどね・・・(=_=)

« 続デジタルvs手書き | トップページ | 曲がったキュウリを作る家 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

そんなことないと思います。
先日、銀座のヤマハで見た三善さんの楽譜も
手書譜で販売されていました。
何かを感じたので購入しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 続デジタルvs手書き | トップページ | 曲がったキュウリを作る家 »