フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« ASKS第3回配本 | トップページ | ブラボー!オーケストラ収録 »

2014年6月16日 (月)

曲がったキュウリを作る家

CepheusASKSへの配本楽譜9作品を整備。

ちなみに、ここで提供している私の作品は(手書き譜もデジタル譜も)全て私が一人で書いたマニュスクリプト(草稿)で、基本的に初演のとき演奏家に渡して演奏で使ったそのままのもの。

それをそのまま電子化(PDF)して提供することで、大手では出版不可の売れない作品でも供給できるようになったわけだが、そういう事情を知らないで普通に楽譜を買ったヒトにとっては「ヘタな写譜屋が清書した汚い楽譜」という風に見えるらしく一悶着。

もともと作者本人が一人制手工業で書いた(♪ありの〜ままの〜)生原稿。個人の畑でできた曲がったキュウリみたいなものだから、当然ながら手癖もあれば不揃いもある。それが「商品として売るにはいかがなものか」と言われてしまうレベルにまで清書されているのが逆に問題ということになると・・・何と言うか(本末転倒というか逆転敗訴?というか)苦笑するしかない。

結局、曲がってますし汚れてますし不揃いですし値段は高いですし大量生産できませんし商品としては何ですけど、これはこれで。というしかないわけだが・・・サテ・(-_-)・

« ASKS第3回配本 | トップページ | ブラボー!オーケストラ収録 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

 おやおや、そんな悶着がありましたか。何と嘆かわしいことか。作曲者本人の息吹きが感じられるという陽転思考ができないんですかねぇ。
 まぁ、確かにお安くはないので交響曲第5番もまだ発注は決断できないのだけど、私の場合は単に金額の問題で、浄書の質の問題とは無縁だなぁ。

曲がったキュウリもまっすぐなキュウリも味は同じ。
価格はどうであれ必要性があれば買えれば高くても買うと思います。
カーゲルさんの変った楽譜あれは買えた。しかし、ティンパニ奏者が飛び込むイラスト、写譜屋さんはきれいに描いてました。

それは買う人に対し商品について事前の説明責任を果たしていないからでしょう。どちらかといえば販売サイドが悪い。不親切です。

どういう目的で楽譜を買うかは人それぞれなのですから、単に先生の曲を演奏するのが目的というだけなら、「実用的な、できるだけ読みやすい楽譜がいい」という人がいても不思議ではありません。

 交響曲第5番のオンデマンド製本版、届きました。
 移調楽器も実音譜(in C)だったのが意外。でも、わかりやすくていいですね、スタディ・スコアだし。
 この週末にでも、見ながら聴きたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ASKS第3回配本 | トップページ | ブラボー!オーケストラ収録 »