フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« 天にひびき会 | トップページ | S氏事件取材 from U.S.A »

2014年7月 7日 (月)

鳥ぷりずむ

Tweet続いて〈鳥ぷりずむ〉(1991)のPDF整備。

2本のフルートとピアノのための3章(Tweet, Elegy, Dance)からなる短編だが、冒頭フルート奏者二人は舞台裏左右(あるいは客席の後ろ)からピピピ…と鳥の鳴き声パッセージを吹きながら登場して舞台上のピアノと合流する・・・という(昔懐かしい)ゲンダイオンガク風の仕掛けがあったりするおかげで、演奏法やアドリブ具合の「説明」がちょっと面倒くさい。

JAZZやROCKでのギグで「B♭でテキトーに合わせて」とか邦楽で「テキトーな処に合いの手を入れて」とはよく言うことだが、その「テキトー」を第三者に改めて言葉で説明するとなるとかなり難しい。それに似ている。

ちなみに原譜には「AがBになったらCを演奏し、DとEがFになったらGを演奏する」などと細かい説明が書いてるのだが、それもくどいので、ひとこと「空気を読め」とでも書いておこうか。(鳥だけに…φ(.. )

« 天にひびき会 | トップページ | S氏事件取材 from U.S.A »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

上手く言えないのですが、こういうタイプの曲はその革新性にもかかわらず、初演時に特定の演奏家によってイメージが固定化されてしまうと、その精神を継承しようとする次世代の演奏家による名演奏が中々に生まれにくい、ということはないですか?

有名なところでは、武満徹『ノヴェンバー・ステップス』で、琵琶の鶴田錦史、尺八の横山勝也による名演を凌ぐ演奏が、次世代からは一向に出て来そうにありません。

やはりアドリブ主体の曲では、「※※でテキトーに合わせて」「テキトーな処に合いの手を入れて」、「空気を読め」と言われても、時代によってその「テキトー」「空気」に対する感性が、まさに言語のように変化し続けるのでしょうね。これを楽譜でどんなに細かく指示したとしても、本当のニュアンスは伝えきれないと思います。

でも、恐れずにその変化をフォローの風にして冒険し、曲の新しい可能性を拡げていってもらいたいものですね、名作映画や傑作アニメの大胆なリメイクのように・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天にひびき会 | トップページ | S氏事件取材 from U.S.A »