フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・06月04日/11日/18日
    ・07月02日

« 猛暑deオーケストラ | トップページ | 天使はまどろみながら…を思い出しながら »

2014年8月28日 (木)

4TBの押し入れ

Mpppようやく涼しくなって頭が動くようになり、もそもそとパソコン内のデータの整理を始める。

最近はTimeMachine(Macのデータバックアップソフト)に加えてiCloudやDropBox(ネット上にデータを保存するオンライン・ストレージ)も併用しているのでデータの消失を怖がる必要はほとんどなくなった・・・のだが、貧乏性なのか昔HDD(ハード・ディスク・ドライヴ)がクラッシュしまくった頃の心的外傷なのか、4TBのポータブル型外付けHDDを購入。捨てればいいようなデータまでせっせと押し込んでいる。まさに…押し入れ…である。

むかしむかし最初に買ったMac plusの頃(1980年代)は、外付けHDDが確か40MBくらい(メガの1000倍がギガ、そのまた1000倍がテラ)だったから、・・・10万倍(@_@;)の広さの押し入れだ。その間に書いた作品のデータ全てで12GBくらい。パソコンの中のデータ全部ひっくるめて1TB前後。なので4TBはちょっとオーバースペックではあるのだが。

一生のデータ全てをこのHDDに入れて、現物(本やCDや楽譜や原稿)はすべて処分し、死ぬときはポチッと「初期化」すれば、すべて「音楽のように」大気に消えてしまい跡形も残らない・・・という色即是空な時代もすぐそこだ。

« 猛暑deオーケストラ | トップページ | 天使はまどろみながら…を思い出しながら »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

”「音楽のように」大気に消えてしまい跡形も残らない・・・” しかし、良いものは生身のHDD(寿命は様々ですが・・・)に残るでしょう。それは作り手の一つの願いの様な気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 猛暑deオーケストラ | トップページ | 天使はまどろみながら…を思い出しながら »