フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« お祭り@代々木八幡神社 | トップページ | シューベルトとマリピエロの交響曲 »

2014年9月24日 (水)

iPhone 6 届く

Ip6予約しておいたiPhone 6 届く(写真左は旧iPhone5。比べるとほんの少し大きくなっている)。

今回は「5」からの機種変更(3G〜4〜5と使ってきたから今度で4台目である)。郵送されてきたプレーンなiPhoneにチップ(USIMカード)を差し込み、ネット経由で新旧電話機の切り替えを申込んで、iCloudにバックアップしてあった旧端末のデータを「復元」すると、ものの30分もしないで(あっけなく)「いつも通り」に使えるようになった。

大判のiPhone 6 plusにも触手が動いたが今回はパス。外出した時はテザリングをつかってiPad(WiFi版)を開くので、iPhone自体は小さい方がいい。というわけで普通サイズの6を選択。なので、あんまり「新しくなった」感はないのだが・・・少し大きくなったぶん薄くなり、角が取れて丸くなったので手に馴染む感じ。電源ボタンが上から横に移動していて一瞬戸惑ったが、この方が使い勝手がいいか。
Homeボタンの指紋認証は(いちいちパスコードを打ち込まなくていいので)便利。登録しておけば、親指でも人差し指でも横向きでも斜めでも認識する。なかなか賢い。なるほど、パソコンやネットが登場して以来必須だったパスワードという概念もあっと言う間に過去のものになるのかも知れない。

カメラは、タイムラプス(パラパラマンガ風)・スローモーション・パノラマ…などが使えかなり高性能になったが、背面のカメラの「出っ張り」は確かにAppleらしからぬ失点。iOS8から導入された「どんなファイルでもiCloudに保存できる」という触れ込みのiCloud Driveは、本体Macが次期OSX(Yosemite)にならないと使えないそうなので慌ててONにしない方がいいようだ。

しかし、こういう最新のデバイスに慣れてしまうと、ほんの少し前のパソコン類がやたらと遅く重く感じられて困る。今は、もうiPad Airが「重い」と感じ始めていて、もう少し薄くて軽いiPad Air Plus?が待ち遠しくてたまらない。

« お祭り@代々木八幡神社 | トップページ | シューベルトとマリピエロの交響曲 »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

入手したばかりのiPhone6で、昔から大好きな、グレゴリオ・パニアグワ指揮アトリウム・ムジケー古楽合奏団「古代ギリシャの音楽」(1978年6月録音 フランス・ハルモニア・ムンディの名盤)を聴いてみました。

iPhone6や6 Plusは、まだHDオーディオには対応出来てないなど残念な点も多いですが、最古と最新の時空を超えた邂逅は中々スリリングで、新たな感動を覚えました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お祭り@代々木八幡神社 | トップページ | シューベルトとマリピエロの交響曲 »