フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 明日へのかたち展@京都2014 | トップページ | お知らせ@タルカスLP »

2014年9月19日 (金)

初秋の京都旅

Kyoto14ab 今回の京都は、少し贅沢な宿で「骨休め」の旅。最初は嵐山「星のや」へ。昨年台風18号による川の氾濫でしばらく休業となってしまい伺えなかったこともあり、今回は3年ぶりの訪問。渡月橋横の桟橋から小舟で10分ほど川を上ったところにあり、すべての部屋から嵐山の緑と大堰川(渡月橋より下が桂川、上が大堰川)の川面が見える。車では行けずテレビもなく「あるのは静けさだけ」というスタンスが心地いいが、WiFiはしっかり繋がるので結局部屋の真ん中にMacBookとiPadを鎮座。和風旅館風の作りとホテル風のシステムがうまく混淆していて、部屋にあるヒバのお風呂と季節を感じさせる夕食の懐石料理も楽しみのひとつ。文机がひとつあるだけのシングル用の部屋に何ヶ月か籠もって小説でも執筆したら最高に違いない。(ただし、いくら売れても印税は消し飛ぶが)

Kyoto14bc 毎年伺う母の京都展、今年はピアニストの河村泰子サンが見に来てくれたので、展覧会のあと「琵琶湖が見えるかも」と誘って一緒に比叡山へ登ってみる。むかし(30年ほど前)松村禎三師の処に出入りしていた頃、この比叡山の「東塔」再建のドキュメンタリー映画(よみがえる東塔)の音楽のスコアを書く手伝いをしたことがあるのだが、行くのはその頃以来。深山幽谷…の霊気は心地よいものの、階段の上り下りは老体にはしんどい。山頂まで上がると琵琶湖から京都の街並みまで一望できて素晴らしい眺めが広がる。夜は、仏教の総本山から市内に戻り、ワイン好きの河村サンに合わせてレストランでフランスワイン。仏教も「仏」フランスも「仏」…というわけではないが、それも京都。

Kyoto14cd 京都旅の後半は、この春出来たリッツカールトン初体験。二条大橋のたもと(旧ホテルフジタ跡)にあり、部屋の窓からすぐ下に鴨川の川面が見え、東山の山並みがパノラマのように広がる。市街地の真ん中に居ながら緑と水と空に囲まれている感じだ。川の上をひらひら飛ぶ鷺を愛でつつこの景色を一日ぼーっと眺めていても飽きそうにないが、部屋を出ればすぐ(ほんの数歩で)鴨川沿いの散歩が出来るうえ、料理屋&飲み屋の宝庫:木屋町&先斗町が徒歩圏内。これはもう立地としては言うことなしだ。ただ、さほど敷地が広くなく5階建てと低層なので…スタンダードな鴨川ビューの部屋で普通のホテルのスイートルーム並みの値段…(TAXIの運転手サンも「誰が泊まるんでしょうね、こんな高いホテル」と口を揃えておっしゃるし)。これで3分の一ほどの値段だったら常宿にしたいくらいなのだが、今回はまあ、冥土の土産ということで・φ(.. )。

« 明日へのかたち展@京都2014 | トップページ | お知らせ@タルカスLP »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ほんのりと秋の空ですね。少しは涼しくなったのでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日へのかたち展@京都2014 | トップページ | お知らせ@タルカスLP »