フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« FM 伊福部昭@特集 | トップページ | パウル・クレーの忘れっぽい機械 »

2014年10月 1日 (水)

スコアPDF化@秋

FugakuaスコアのPDF化作業@今回は・・・

・FUGAKU…尺八,二十絃箏とオーケストラのための
・クラシック名曲メドレー(コンガラガリアン狂詩曲)
・オニオンバレエ組曲(アコーデオン独奏のための)
…の3作品。

いずれもちょっと珍しい作品で、FUGAKUは2001年に毎日新聞の「富士山再生コンサート」のために書かれた邦楽器とオーケストラのための交響詩。尺八:三橋貴風、二十絃箏:吉村七重、藤岡幸夫指揮日本フィルの演奏により富士山の映像(昼〜夕方〜夜〜夜明け)と共に初披露されたが、その後のイギリスでの録音はスケジュールが合わず流れてしまい、以後再演はされておらず未録音。

名曲メドレー(コンガラガリアン狂詩曲)は、2007年子供たち向けクラシック・コンサートの「クラシックの名曲20曲を10分で聴く!」という妙な企画のために編曲したモノ(ヘンテコな副題はそのせい)。原曲はオーケストラで、以後何回か再演もされているが、今回は室内楽(fl, vn, vc,pf)版。宝塚でのコンサートで披露した時の音がこちら(Part1/Part2)で聴ける。

最後の〈オニオンバレエ組曲〉は、2008年にアコーデオンの御喜美江さんのリサイタルのために書かれたもの。全部で7曲。〈鳥〉でも〈星〉でもない「野菜」シリーズ?始動(玉ねぎ(オニオン)だけに)…とも思ったが、これ一曲で挫折。これも未録音。
もうひとつ〈タルカス〉orchetra版もPDF整備したのだが、こちらはまだ出版の認可が下りていないそうでペンディング(保留)中。気長にお待ち下さい。_(_^_)_

« FM 伊福部昭@特集 | トップページ | パウル・クレーの忘れっぽい機械 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

時節柄、〈タルカス〉は、富士、御嶽といった山の神の化身なのかも知れないと思いました。

怪物・〈タルカス〉は、火山噴火の中から出でて、地上のすべてを破壊し尽くしたのち、海に戻っていくのですから・・・。

タルカスが出版されたらぜひ学ばせてもらおうと存じます!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FM 伊福部昭@特集 | トップページ | パウル・クレーの忘れっぽい機械 »