フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« スコアPDF化@秋 | トップページ | 天使は忘れっぽいにしても »

2014年10月 3日 (金)

パウル・クレーの忘れっぽい機械

Twitterm

むかしハーモニカのために書いた「忘れっぽい天使」(1978)は、もちろんパウル・クレーの影響(タイトル)からだが、「デジタルバード組曲」(1982)もそうですか?(…と、ベルンの「パウル・クレー美術館」から問い合わせがあったそうだ)と聞かれて 、一瞬「ん?」と考えてしまった。

確かに〈デジタルバード〉そのものはクレーではないものの、3曲目の「さえずり機械(Twitter Machine)」はクレーの絵のタイトルから付けたもの。フルート・カルテットのために書いた「さえずり鳥ブログ」(2007)もそうだが相当あちこち影響を受けている。 (上が本物。下は私が若い頃に真似して描いたニセモノ・(_ _ )/)。

そう言われてよく考えてみれば、私の室内楽版鳥のシリーズ(通称「小鳥のシリーズ」)は、〈ランダムバード変奏曲〉にしろ〈パラレルバードエチュード〉 にしろ〈鳥ぷりずむ〉にしろパウル・クレーが相当入っているのだが、改めて「クレーの影響」と言うまでもないところまで身に染みついてしまっている。

こういう「魂の師匠(先輩)」は本当にたくさん居る。名前を挙げ始めたら両手両足の指全部使っても全然足りないし、彼らに影響を受けたパーツを全部取り除いた「純粋に私だけのモノ」が果たしてどのくらいあるか心許ないくらいだ。当然ながら彼らなしに私の音楽はない。改めて感謝。感謝である。

« スコアPDF化@秋 | トップページ | 天使は忘れっぽいにしても »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

>上が本物。下は私が若い頃に真似して描いたニセモノ・(_ _ )/

「この星はお辞儀をさせる」

1滴の海水を25倍に拡大して撮影した写真が、パウル・クレーの絵にそっくりです。

buzzap.jp/news/20140503-seawater-macro/

裏地見る幌櫃様

これには吃驚し、心底感動しました。
素晴らしい発見ができました。

ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スコアPDF化@秋 | トップページ | 天使は忘れっぽいにしても »