フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・06月04日/11日/18日
    ・07月02日

« 円形キイボードのある未来 | トップページ | ASKS12月配本 »

2014年11月28日 (金)

手書きスコアの時代

Matsumurat楽譜棚を整理していて松村禎三師の「管絃楽のための前奏曲」(1968)のスコア(手書きのコピー)を久し振りに見つけ、京都で見た東寺の「曼荼羅」を思い出していた。

冒頭のオーボエ・ソロの旋律がひたすら増殖して全オーケストラに広がってゆく…というワンアイデアの作品なのだが、同じ発想の「ボレロ」と違って、こちらは完全に東洋的な世界。数百数千の仏像の群がびっしり世界を埋め尽くすような圧倒的なイメージを持った曲で、この曲を一聴して以来この作曲技法に10年ほど「取り憑かれ」てしまった。(高校の頃、気付くといつもこの旋律を口笛で吹いていて、同級生に「気持ち悪いから!」と何度も指摘されたほど。確かにボレロの旋律より不気味ではある・(=_=)・)。19歳の時に松村さんの処に無理やり伺ったのも「こんな曲を書くのはどんな人なのか?」と知りたかったことが大きい。

もともと松村さんは京都の呉服屋の生まれで、父親がかなり熱心な仏教徒だったという。だから、この曲が「ボレロ」を意識しつつ「曼荼羅」を思わせる処があるのもあながち的外れではないようで、実際、後半に般若心経を歌う千人の大合唱を付ける構想もあったと聞く。この曲は、その巨大な作品への「前奏曲」ということだったのらしい) …もうひとつ、「実はこの曲はね…」とむかし師匠が語ってくれた驚愕のネタがあるのだが、それは…あまりにホラーすぎてちょっと人には言えない…_(_^_)_

Takemitsut それにしてもこの手書きのスコアは、「よくもまあこんなにビッシリゴチャゴチャと書き込んだものだ」と呆気に取られたという点でも衝撃的だった。この時代(1960ー70年代)の武満さんと松村さんは「無駄に書き込んだ細かいスコア」の競争をしていたのでは?と思うほど精緻な(美術品のような)楽譜を残していて(武満さんの極致は縦1.1m、80段を優に超える巨大スコアの「カシオペア」(1971)か→) 、私を含む多くの若い作曲家たちに悪影響(?)を与えている・(=_=)・。

現在は、私自身すべてパソコン入力&清書になっているほどで、今さら「手書きに戻れ」などと言う気はないが、この「膨大で無駄な手間」こそが、あの時代のひたむきな情熱の一部だったことは確かだ。そこから生まれた「無駄にゴチャゴチャ書き込まれた」スコアたちは、私にとって貴重な青春の記憶(おかげで青春を潰してしまったという恨みも込めて)であるとともに生涯の大いなる宝物でもある。

« 円形キイボードのある未来 | トップページ | ASKS12月配本 »

音楽考」カテゴリの記事

コメント

松村禎三(1929年1月15日 - 2007年8月6日)は、涅槃交響曲や曼荼羅交響曲の黛 敏郎(1929年2月20日 - 1997年4月10日)と、たった1ヶ月ほどしか生まれに差がないのですね。武満 徹(1930年10月8日 - 1996年2月20日)は翌年の生まれ。それだけでも熱かった時代における3人の凄いライバル意識が想像されます。

ちなみに1929年生まれは、指揮者ではハイティンクやアーノンクールが今も現役バリバリの巨匠で、他分野では先日青色LEDの研究でノーベル物理学賞を受賞された赤﨑 勇氏(1929年1月30日 -  松村先生と半月違い) が今も第一線で活躍しておられることを考えると、3人の作曲家の死は、少しばかり早すぎましたよね。

ご紹介の「管絃楽のための前奏曲」のような真に個性的で優れた作品こそ、もっともっと演奏会で演奏され、新録音も増えていってファンを増やして欲しいものですね。

思い入れがあればあるほどゴチャゴチャと書き込んでしまうんだろうな~。ゴチャゴチャ書く気持ち相当理解出来ます。音符は絵画で言うと絵の具と同じ様な物なので、画家は納得のゆく作品が完成するまでこれでもか!これでもか!!と書き込みます。曲を書くのも同じ様な気がします。絵画は目で見る作品ですので書いたものがズバリ目に飛び込みますが、曲はゴチャゴチャ書き込んだ譜面ではなく、演奏者が演奏する音が、最終的な作品なのでそれが良ければ良いと思います。ゴチャゴチャ本当に好きだな~。

Eu me pergunto se nós escrevemos uma bagunça como lá se há um carinho. Eu posso entender a escrita bagunça sentimento equivalente. Desde a nota, tal é a mesma coisa que dizer como na pintura e na pintura, ou mesmo este pintor longe de completar o trabalho Yuku convencendo é! é este o qualquer momento !! E eu escrevo. mesmo que você pode ter o mesmo tipo de sensação de escrever uma canção. Painting vai mergulhar de cabeça para o segundo o que você escreveu, porque é trabalho para ver a olho nu, mas a música não é uma música que está escrito bagunça, performer som está jogando, então a peça final eu acho que pode, se você é, e eu realmente gosto dele.

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 円形キイボードのある未来 | トップページ | ASKS12月配本 »