フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 鉛筆書きスコア | トップページ | Suite"KIYOMORI" »

2014年11月15日 (土)

オペラ「アイナダマール」

Ainadamar叔父に誘われて日生劇場のオペラ「アイナダマール(涙の泉)」を観に行く。

アルゼンチン生まれのオスバルト・ゴリホフ(1960〜)によるスペインの詩人ロルカを題材にした現代オペラ(2007)。淡い和音に乗ってスパニッシュギターや手拍子のリズムが交錯し、その上に女声コーラスが浮遊する抒情的で美しい音楽は、ヴァンゲリス+ジプシーキングス(?)風の世界。発想は(オーケストラではなく)シンセサイザー音楽に近い。

詩人ロルカの悲劇的な死(スペイン内戦時に銃殺)をめぐる1幕3景:約1時間半のオペラ…だが、特にドラマチックな筋書きがあるわけでもない幻想的な回想劇で、これはロルカを現代のキリストに見立てた一種の「受難劇」と聴くべきなのかも知れない 。彼の死を回想し悲しむ女優マリアナ・ピネーダは哀しみの聖母、ロルカの死を宣告するルイス・アロンソ(石塚隆充によるフラメンコ風の歌唱が印象的だった)はピラト総督。ロルカは男装のアルト(いわゆるズボン役)。舞台にはフラメンコのダンサーたちも登場し、オペラ本編の前にはロルカを紹介するための20分ほどの寸劇が上演された。

日生劇場で11月15日(土)16日(日)14時よりの2公演。
広上淳一指揮読売日本交響楽団。演出:粟國淳。

« 鉛筆書きスコア | トップページ | Suite"KIYOMORI" »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉛筆書きスコア | トップページ | Suite"KIYOMORI" »