フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 田部京子リサイタル | トップページ | 高校時代 »

2014年12月16日 (火)

冬の日のシューマン

Ame 師走の寒い雨の中、NHK504スタジオでFM「ブラボー!オーケストラ」1月分2本の収録。

1月11日(日)放送分は、ショスタコーヴィチ:祝典序曲、ハチャトリアン「仮面舞踏会」よりワルツ、カバレフスキー組曲「道化師」、シチェドリン「チャストゥーシカ」、ストラヴィンスキー組曲「火の鳥」ほか。外山雄三指揮東京フィル(2014年6月29日第60回午後のコンサートより)

1月18日(日)放送分は、シューマン:交響曲第2番。大植英次指揮東京フィル(2014年7月17日第87回オペラシティ定期より)ほか。

シューマンの第2番は、実を言うと今までちゃんと聴いたことのなかった曲だったのだが(仕事場の楽譜棚にも、1番3番4番のスコアはあるが、この第2番だけ無かった)、第2楽章のスケルツォ、第3楽章のアダージョと、なかなか絶品。バーンスタインがこよなく愛したこの曲を、その愛弟子である大植英次氏の指揮で聴く、という一夜。まだまだ知られざる名曲がある…という心地よい衝撃をもらうことになった。

そして、もう一夜はロシア・ソヴィエト作品集。知られざる名曲と言えば、ソヴィエト連邦当時から西側に知られていた上記の作曲家以外にも膨大な数の〈社会主義リアリズム〉による名曲は生まれていたはず。しかし、ソ連崩壊でゴミ箱に行ったのか燃やされたのか…それらの曲のその後の運命のことを思うと胸が痛む。「名曲は名曲として生まれるのではない。名曲に「成る」のだ」とは、何時だったかどこかで口走った妄言だが、不運なタイミングで生まれたことで名曲になれず歴史の彼方に消えていった作品は数知れない。彼らの復活と冥福を祈って、合掌。

« 田部京子リサイタル | トップページ | 高校時代 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

「名曲は名曲として生まれるのではない。名曲に『する』のだ」と考えたのがS村河内さんだったんでしょうかね~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 田部京子リサイタル | トップページ | 高校時代 »