フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 天にひびき@最終巻 | トップページ | 師走の指環  »

2014年12月 5日 (金)

何処ともなく

Shane_3夜、都内某所で「天にひびき」打ち上げ会。

この作品、最後は「主人公(ひびき)が何処ともなく姿を消す」という終わり方をすることは最初から聞いていたのだが、最後の曲がマーラーの「大地の歌」なのは、やまむら氏とお酒を飲んでいる中で出たアイデア(最初の構想ではショスタコーヴィチだったらしい…)。

Hoshi このような…「最後に主人公が何処ともなく姿を消す」…という話は、物語としては好きなのだが、現実問題として「当人」自らは消えないわけで、いろいろな現実的ジタバタがそれからも続くのだろうナ…と野暮なことをいつも想像してしまう。(還暦を過ぎたひびきとか、80歳になったシェーン↑とか星飛雄馬→とか…(v_v)…

シベリウス師匠のように「60歳で最後の交響曲(第7番)を書いた後は作曲のペンを取らず隠居生活」という生き方は理想の晩年とも思えるが、当の師匠もまさかそれから30年以上(享年91)長生きするとは全く想定していなかったに違いない。(私も、まさか作曲家をやっていて40の坂を越えられるとは全く想定していなかった)良くも悪くも人生はままならない。

人間もパソコンのように…最低限のデータだけネット(Cloud)上に残して本体はいつでもShut Down(システム終了)できる…そんな存在だったらどんなによかっただろう。

« 天にひびき@最終巻 | トップページ | 師走の指環  »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

ある意味、強く共感します。
誰もがいずれは参加することになる高齢世代、心底嫌ですねぇ。

昨今は、京都でも何処の観光地でも、年寄りと外国人で溢れかえっているので、もうウンザリです(特に団塊の逃げ切り世代に対し腹が立ちます)。暇な老人たちが国の財政破綻を加速させ、若者の足を引っ張る現実は深刻です。当の老人たちには、その自覚が全然ありませんしね・・・。

少なくとも、ただ長生きするだけの人生は、ちっとも羨ましくありませんねぇ。

どうしたらいいんでしょう。生涯現役・・・ 生きがいを持つ・・・、それさえ若い世代に迷惑をかけるだけになる超高齢化社会、寂しい時代です。


全く綺麗事の美しい文章が好きなお人ですね。
今日はクロちゃんさんのクローンはお休みですか。黒陳さんもお休みかな

「その後のXXX」というのは今まであまり考えませんでしたが、どんな物語でも気にしだすと・・・。「その後のサンダーバード」とか^^
私は今、或る連載中のWeb小説に嵌っていて、それは作品に流れる時間としてはあと3ヶ月で終わると作者は言っています。「巨人の星」のように一球投げるのに一話を使えば後何年も続けられそうですが、それでも終わりは来てしまいます。人生これからという時に。

明日を思う動物は人間だけだそうですから、何処とも無く消えるのはひとつの憧れですね。

>今日はクロちゃんさんのクローンはお休みですか。黒陳さんもお休みかな

誤解されておられるようですが、私ではありません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天にひびき@最終巻 | トップページ | 師走の指環  »