フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 何処ともなく | トップページ | 田部京子リサイタル »

2014年12月10日 (水)

師走の指環 

Ring師走に必ず聴く恒例のワーグナー「ニーベルングの指環」、今年もショルティ盤でまず一周(指環なので…)。

LP盤14枚組の頃は(AB面があるので)20〜30分おきに裏返す必要があったが、今はiTunesに全曲入れてあるので、全4作:14時間半まるまるBGMとして連続再生が可能。(その気になればワーグナーの楽劇全曲の連続再生も・・・(v_v)・・・♪

ちなみに、うっかり〈リピート再生〉をONにしておいたので、《神々の黄昏》が終わった途端ふたたび《ラインの黄金》の冒頭が始まりそうになり、これはさすがに寸止めに。

しかし、作曲するのに二十余年、上演するだけで4晩かかる畢生の大作が、未来でこういう聴かれ方をされていることを当のワーグナー先生が知ったらどう言うだろう? 「けしからん!」か「面白い!」か? 恐山で降霊して聞いてみたい・・・

« 何処ともなく | トップページ | 田部京子リサイタル »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

録音を繰り返し聴くという行為は、ワーグナーに心酔しバイロイトに「ニーベルングの指環」初演を観に行ったこともあるニーチェが唱えた、「永劫回帰」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E5%8A%AB%E5%9B%9E%E5%B8%B0

の疑似体験だと思っています。
それがiTunesなどで、どんな大曲でも気軽にできる時代になったということかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 何処ともなく | トップページ | 田部京子リサイタル »