フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« 師走の指環  | トップページ | 冬の日のシューマン »

2014年12月13日 (土)

田部京子リサイタル

Tabe2014_2

浜離宮朝日ホールでの田部京子ピアノ・リサイタルを聴きに行く。

シューベルト〜シューマンとロマン派の作曲家に焦点を絞った彼女のリサイタルシリーズ、現在はB&B(ベートーヴェン&ブラームス)ワークスということで、今回はベートヴェンのソナタ3つ(14番「月光」、26番「告別」、30番)とブラームスの6つの小品op.118。

シューベルト・シューマンはともかく、この2人(B&B)はさすがにごつい男のピアニスト向けだろうと失礼ながら思っていたのだが、30番のソナタのあまりの絶品さと美しさを聴いて考えを改めることにした。男の作曲家の晩年の作品(特に哀愁のむこうに虚無感と欠落感が滲むタイプの音楽)は男にしか分からないもの…と長らく勝手に思ってきたが、それをとことん敬愛と慈悲の目で見つめ、美しく優しく包み込む。これは、考えてみれば女性にしか出来ないことなのかも知れない…と怖ろしいことにも気付かされた。まだまだ音楽は奥が深い。

ちなみに、今回アンコールに演奏されたシベリウス「樅の木」と私の「真夜中のノエル」の後で、(死んだ作曲家だけでなく「まだ生きている作曲家」にも敬意を示す意味からか) 客席にいた私を舞台上から紹介されたのには驚いた。拍手を受けて思わずその場で立ち上がって一礼はしたものの、お客さんは「誰?ブラームス?」と思われたのでは?・・・(^_^;

« 師走の指環  | トップページ | 冬の日のシューマン »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 師走の指環  | トップページ | 冬の日のシューマン »