フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・06月04日/11日/18日
    ・07月02日

« 祝・成人 (辛口) | トップページ | 調性で読み解く〜曼荼羅〜コンチェルト »

2015年1月13日 (火)

赤ネコ風ツェッペリン

Cd_ccatパドゥシャのお二人と飲み会。10年ほど前、ネコ好き繋がりで《チェシャねこ風パルティータ》というネコまみれな曲を書いたのだが、「そろそろまた何か書いてください♫」とおねだりされる。

猫と言えば・・・・昔実家で飼っていたネコに〈パゲ〉というメス猫が居た。元々はノラ猫で身体の所々が禿げた貧相な毛並みだったので「薄ッパゲの子」と呼んでいたのだが、子猫を産んだのでウチで買うことになり、略して「パゲ」と呼ぶようになった。(飼うようになると毛並みも良くなったので、この名前は当人は心外だったかも知れないが)

Redcat ところが、その彼女を病院に連れて行くことになり、受付で「お名前は?」と聞かれて、サァ困った。(なにしろ診察の順番になると「**さま」と大きな声で呼ばれるのだ)。頭をひねった挙句、少し可愛らしく「パギー」というと、「あら、変わったお名前、どういういきさつで?」。そこで、苦しまぎれに「正式な名前は〈パーガレット〉と言いまして、その愛称です」「まあ、ステキなお名前」というようなやり取りで、晴れてカルテは〈吉松パギー様〉となった。ああ、恥ずかしかった。

ちなみにローマ字で書けば〈Page(ペイジ)〉なので、オス猫だったら〈ジミー〉という愛称になっていたはず・・・と言うネタはある年齢以上の人にしか分からない。φ(.. )

« 祝・成人 (辛口) | トップページ | 調性で読み解く〜曼荼羅〜コンチェルト »

#日記&雑感」カテゴリの記事