フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« English Pages | トップページ | 父十三回忌 »

2015年2月 8日 (日)

Dorian Scan

Dor自作スコアのPDF化作業最後の大物のひとつ〈Dorian〉op.9のスキャン&修復を始める。

1979年(36年前!)作の古い手書きスコアでA3判60ページ。コンクール(交響楽振興財団作曲賞)に応募するため清書(黒インクペン)してあるので、手書き譜としてはそこそこのクォリティ。しかも、入選止まりで戻ってきたのでオリジナル譜が手元にある(当時は簡単にコピーなど作れなかったので、コンクールなどに出せば、原譜はなくなってしまうのが普通だった)というなかなか良い状態での作業である。

押入れの中には、この曲を終楽章とする幻の〈交響曲第1番〉の草稿(こちらは鉛筆書き)もあるのだが、これはさすがに処分するしかないだろう。 ほかにも、尺八と室内オーケストラという編成だった頃の〈朱鷺によせる哀歌〉の初稿とか、コンクールに落ちまくっている頃書いた(当然演奏すらされていない)怪しげなオーケストラ曲が数曲、さらに「こんな曲書いたっけ?」と本人が首を傾げる謎の曲などなど70年代の血と汗と涙の残滓がまだいろいろ。

いずれも本人の目が黒いうち(?)にちゃんと処分しなければいけないのだが、昔のように「庭で密かに燃やす」…ということが出来ればともかく、手書きの草稿を「束ねて資源ゴミの日に出す」というのは…さすがにかなり抵抗があって悩ましい・(v_v)・

« English Pages | トップページ | 父十三回忌 »

#日記&雑感」カテゴリの記事