フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« 京都路地紀行1 | トップページ | 鳥はふたたび夢あわせ »

2015年2月12日 (木)

京都路地紀行2

Kyoto2bぶらりと相国寺に寄る。承天閣美術館(左上)で「花鳥画展」をやっているというので鑑賞。こうして花と鳥そして動物にスポットを当てた絵ばかりを集めてみると、改めて日本人(特に公家や武士)の「鳥」という存在への距離感が伺えて興味深い。

近くに京菓子資料館(右上)というのを見付ける。雲龍で有名な俵屋吉富(右中)がやっている資料館だが、裏の室町通りの本店を見て「どこかで見た覚えが?」と思ったら、正月のNHKBSで見たオムニバスドラマ「京都人の密かな楽しみ」で主人公(常盤貴子)が若女将をやっている老舗和菓子屋なのだった。

その〈室町通り〉…という名前に惹かれて、そこから通りをひたすら南下してみる。京都御所の西側のこのあたりは〈上立売〉〈中立売〉〈下立売〉(だちうり・だちゅうり)という地名も面白く、香木(山田松)や、ちりめん山椒(こと路)の専門店があったり、富岡鉄斎の旧居跡(左中)があったり、再生された町屋(右下)があったり、神社にイノシシの首があったりして飽きない。

半日歩き倒してさすがに疲れたので、夕方、謎の路地を抜けて東京の仕事場に戻る。明日の京都は雪になるらしい。

« 京都路地紀行1 | トップページ | 鳥はふたたび夢あわせ »

旅行・地域」カテゴリの記事