フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 京都路地紀行2 | トップページ | 明治23年のドヴォルザーク »

2015年2月16日 (月)

鳥はふたたび夢あわせ

Yumeaws

楽譜のPDF化作業、〈ドーリアン〉に続いて〈鳥はふたたび…〉と〈夢あわせ夢たがえ(邦楽アンサンブル版〉に取り掛かる。

先日、一回り年上の先輩作家(つまり七十代半ば)が、「いつまで現役で書き続けるおつもりですか?」という問いに「まあ、あと10年か15年くらいですかね…」と答えているのを聞き、その元気さ具合に立ちくらみしそうになる・(○_○)・

私などは「人間五十年」と信じて来たので、(作曲家などという商売を続けながら)五十歳まで生き長らえ、その上さらに還暦を迎えるまでの「ご褒美」余生を戴けただけで身に余る幸運。これ以上何かを望んだらバチがあたるとすら思っているのに。……などと言いながら、そのうち「もう10年」「あと20年」「交響曲をあと3つ」とか贅沢を言うようになるのだろうか。そこから先は「罰ゲーム」余生になるとも知らずに…。

« 京都路地紀行2 | トップページ | 明治23年のドヴォルザーク »

#日記&雑感」カテゴリの記事