フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 廣瀬量平さんのカラヴィンカ | トップページ | Apple Watch »

2015年3月 9日 (月)

御手洗潔もの

Mitarai島田荘司氏が初めて「公認」した御手洗潔ものドラマ「天才探偵ミタライ」(フジTV土曜プレミアム)を録画で視聴する。

出版される作品はほぼ全部必ず読む…という作家はあまり多くないが、島田荘司氏はそのひとり。最初に手に取ったのは講談社ノベルス版「占星術殺人事件」。ただし、冒頭の奇妙な手記の部分に引っ掛かって2度ほど読むのを諦め、3度目にようやく全編読み通したというスロースターターである。

しかし、それからは文庫版・全集版・改訂版・電子書籍版…と出る度に読み返し、京都に行ってわざわざ「御手洗潔が占星術殺人事件の謎を解いた場所」である若王子(にゃくおうじ・哲学の道の南端)」に寄ったり、友人でワトソン役の石岡クンと一時住んでいたという設定の(ホームズ譚のベーカー街にあたる)横浜・馬車道も訪れた。犯人もトリックも分かっているのに再読する…という点ではまさしくシャーロック・ホームズ譚と同じ感覚である。

これだけ熱狂的な愛読者の多いシリーズなのに映像化は今回初めて(島田氏がOKを出さなかったらしい)ということだが、御手洗役の玉木宏氏は確かに適役(ちなみに彼は大河ドラマ「平清盛」の時の源義朝役で、企画コンサートの時にお会いして舞台で…のだめカンタービレでの指揮体験などについて…ちょっと話したことがある好青年)。

初のドラマ化が中編の「傘を折る女」というのは意外な感じだが、このコンビでの「占星術殺人事件」や「暗闇坂の人喰いの木」「龍臥亭事件」なら是非見たい(堂本光一氏を石岡クンに持って来たのなら彼がメインの「異邦の騎士」や犬坊里美がらみの短編もありえそうだ)。シリーズ化に期待。

« 廣瀬量平さんのカラヴィンカ | トップページ | Apple Watch »

本CD映画etc」カテゴリの記事