フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・12月10日/24日

« 浅草の桜 | トップページ | 夢★夢エンジン »

2015年4月 5日 (日)

KENJI…宮澤賢治によせる

Kenjia舘野泉さんのために書いていた…左手ピアノ、語り、チェロという編成の8章からなる作品〈KENJI…宮澤賢治によせる〉ようやく脱稿。

声は付いているが歌う作品(歌曲)ではなく、セリフとのバランスとしては「ピーターと狼」に近いが、音楽劇…というほど筋書きはなく、語られるのは現代詩(もちろん宮澤賢治)ながら 「月に憑かれたピエロ」のように現代風ではない。むかし声楽の丹羽勝海さんとやっていた「モノドラマ」シリーズの姉妹作(実際、ベースは20年ほど前に書いたモノドラマ用台本)といった処だろうか。

賢治のことばは、冷たく理知的な科学者の視点があるかと思えば、そのすぐ裏で純情な感傷の世界にも振れる。なので、音楽もロマンティックからモダンへそして無調からセンチメンタルへとゆらゆらと揺れる。

Tateno603_2

ただし、今回は賢治の死生観に関わる幾つかの「こわい」ことばや、「亡き妹」という共体験(賢治も私も妹を病気で亡くしている)への共振が加わり、かなりセンチメンタルな方の世界に深入りしてしまった気がしないでもない。

初演は、6月3日(水)東京オペラシティ〈舘野泉リサイタル〉。演奏は、ピアノ:舘野泉さん、語り:柴田暦さん、チェロ:多井智紀さん。舘野さんも…弾き語る予定。

« 浅草の桜 | トップページ | 夢★夢エンジン »

仕事&音楽」カテゴリの記事