フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« 卒塔婆小町の3つのワルツ | トップページ | 緑のワルツ »

2015年4月27日 (月)

こどもの耳の向こうにある音楽

Pengこども向け音楽番組で使うオーケストラ曲の作曲と編曲?という不思議な相談を受ける。しかも、クラシック音楽をある程度聴いたことがある少年少女ではなく、まだ「音」が「音楽」になる以前の…リズムやメロディになる境目を感じている…こども…向けなのだそうだ。

確かに、こども(特に幼児)のように耳がプレーンな状態の時、音楽をどういう風に感じるのだろう?というのは長年の疑問のひとつである。
音楽教育を施されると「ドレミファ」とか「長調短調」あるいはどんな音でも楽音に聞こえてしまう「絶対音感」などを耳に仕込まれてしまうわけだが、そういう小賢しい?アプリをインストールされる以前、自然の音やノイズあるいはお父さんやお母さんの声といった「音声入力」だけで世界を感じていた頃、彼らはどんな音楽を夢見ていたのだろう?とよく思う。もちろん自分もそういう時代を経てきたはずなのだが、もはや昔過ぎて思い出すことも叶わないのだが。

そのせいか、最近は(FM番組でクラシック名曲の解説をしていながら)「ベートーヴェンもブラームスも聴いたことがないまっさらな耳に戻って、もう一度ベートヴェンやブラームスを聴いてみたい」ともよく思う。
ショスタコーヴィチが若い頃、確かブラームスの交響曲だかを「実はまだ聞いたことがありません」と先生に告白したところ、無知をなじられるどころか「いいなあ、キミたちは。これから沢山の素晴らしい音楽を知ることが出来るのだから」と羨ましがられたと言う。その先生の気持ち、今は良く分かる。

人間はパソコンのように、記憶や脳のOSを「リセット」したり「再インストール」したりは出来ない。年を取ると、モノを忘れるようになったりボケたりするのは、無知(無垢)の時代へ回帰したいという憧れの成せるわざなのかも知れない。

« 卒塔婆小町の3つのワルツ | トップページ | 緑のワルツ »

仕事&音楽」カテゴリの記事