フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 慶應義塾高校JK | トップページ | 浅草の桜 »

2015年4月 2日 (木)

ラフマニノフの墓

Rachイギリスからの委嘱で書いていた短いトッカータが、6人の作曲家による組曲「ラフマニノフの墓(Le tombeau de Rachmaninov)」として早速出版されるそうだ。 (Music Haven, London)

曲目は……
Stephen Hough「Prelude」,
Alan Mills「Fugue」,
Peter Fribbins「Forlane」,
James F.Brown「Rigaudon」,
Cecilia McDowall「Menuet」
そして私の「Toccata」の全6曲。

この曲は、ラヴェルが作曲家クープランの古典の香りを称えて書いた作品に因んで、ラフマニノフのロマンの香りを称える現代版「クープランの墓」…というコンセプトで6人の作曲家に委嘱したもの。(なので各曲のタイトルもラヴェルを踏襲している)。

ちなみに原曲は、それぞれの曲が第一次大戦で亡くなったラヴェルの友人知人たちの記憶に捧げられている。そこで今回も「知人友人あるいは紛争や悲劇的な状況で亡くなった誰か」の追悼(In memoriam)が付記されるとのことで、私の曲は、作曲中にシリアで亡くなったジャーナリスト後藤健二さんと彼の目に映った子供たちの瞳の輝きに捧げることにした。(つまり、図らずも二人のKenjiさんに関わる曲が同時進行したわけで、不思議な因縁を感じる)

今月19日、小川典子さんの演奏でマンチェスターのブリッジウォーターホール(ピアノ協奏曲「メモ・フローラ」をイギリス初演した場所)にて初演の予定。

« 慶應義塾高校JK | トップページ | 浅草の桜 »

仕事&音楽」カテゴリの記事