フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・12月10日/24日

« 単語失踪事件 | トップページ | 音楽の中の第3の神 »

2015年6月12日 (金)

音楽聞き放題の時代

Netmusic_2AppleMusicに続いてLINEも参入し、日本でも定額制の音楽配信サービス(いわゆる「聞き放題)」が本格化しつつあるようだ。

聴き手の側からすれば月1000円程度であらゆるジャンルの音楽(もちろんクラシックも含む)をいつでも幾らでも聴ける…というのは夢のような時代の到来である。
一方、音楽を作っている側からすれば一曲の価値の余りの暴落ぶり(実際、一曲あたりにすると数十円とか数円のレベルになるわけで)に悲観的な未来を思い描く人も出て来そうだ。

どうやら音楽文化は今ひとつの曲がり角に来て居る。それは確かなのだが、音楽が「録音」出来るようになった衝撃や、FM放送あるいはCDやカセットテープが登場したときの衝撃に比べれば、「そういう時代になったということか」という以上の感慨はない。

Gear_2ただ、ネット上にストックされた楽曲が「3千万曲以上(Apple)」と言っても、人間の生み出した全ての音楽から見ればほんの数%(いや、コンマ数%以下かも知れない)。それが証拠に、アナログ時代の例えば60〜70年代の現代音楽作品やマイナーな自家製盤などは(「聴く人がいるのか?」という問題は置いといて)残念ながら聴くことが叶わない。

もし過去に一度でもレコード盤やテープなどで発売されたものは全てネット上で聴ける…という「聞き放題」があるなら(今までLPやCDにかけた金額のことを思えば)月数万円投資しても惜しくない・・・ような気がしないでもないような気もするが、サテ、どンなものだろうか・φ(.. )。

« 単語失踪事件 | トップページ | 音楽の中の第3の神 »

ネット、パソコン」カテゴリの記事