フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 音楽の中の第3の神 | トップページ | 鳥たちと植物のトラウマ »

2015年6月18日 (木)

あのまろかりす

Anomaアノマロカリス…という名前がどうも覚えられない。

この生き物、5億年ほど前(カンブリア紀)に海中を泳いでいたエビのようなイカのような古代生物で、ぬいぐるみになるほどファンが多い。ちなみに「アノマ」「ロカリス」ではなく「アノマロ=奇妙な(Anomalo)・カリス=エビ(Caris)」なのだそうだ。

私の世代は映画「キングコング」で恐竜マニアになった口なので、肉食恐竜ティラノサウルス、首長竜ブロントザウルス、草食剣竜ステゴザウルス、トリケラトプス、翼竜プテラノドンあたりが主役級(実際、勉強机の上にプラモデルが並んでいた)。ところが「ジュラシックパーク」以後の世代の恐竜マニアと話すと、ヴェロキラプトル、スピノサウルス、ケツァルコアトルス、アルゼンチノサウルスなどなど聞いたことのない名前が出て来て戸惑うことが多い。

最近はこれにアノマロカリスからオパビニアだのハルキゲニアだのカナダスピスという古代生物が加わり・・・シーラカンスと三葉虫くらいは模型を持っていた記憶があるが・・・もはや名前すら頭の中の引き出しに入らないのが悔しい。

Muscles_2 余談ながら、高校生の頃に読んだ北杜夫の「幽霊」という小説に「一番長ったらしくて覚えにくい単語」として胸鎖乳突筋=ムスクルス・ステルノクライドマストイデウスというのが出てくるのだが、読んだ当時は一発で憶えられたし、今でもすらすらと出て来る。若いというのはメモリの精度が違うのだな、きっと。

« 音楽の中の第3の神 | トップページ | 鳥たちと植物のトラウマ »

#日記&雑感」カテゴリの記事