フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« エアコン昇天 | トップページ | オリジナル版リダクション版 »

2015年8月25日 (火)

夏の終わり

Photo

8月いっぱい…という約束だった「クラシック音楽大事典」改訂復刻版のイラスト描き直し120ページほどをなんとかクリア、〈KENJI…宮澤賢治によせる〉改訂ピアノ伴奏版のスコアも最終稿に辿り着き、ようやく夏の終わりが見えてくる。

そう言えば昔から、「夏休みの宿題」は〆切(8月末)の一週間ほど前(まさに25日頃)には仕上げる性格だった。そもそも切羽詰まった状況に追い込まれて仕事するタイプではなく、作家としてモノを創り始めてからも、〆切直前にジタバタした記憶はあんまり無い。

とは言っても、余裕があって創るというわけではなく、「中盤」あたりに最もヒートアップし追い込みがかかるタイプ。作品がどろどろと流動性に富む感が一番楽しくも燃える時期で、いろいろなイマジネーションがそれこそ火花のように降り注ぐ。

逆に「終盤」になり〆切が近付いてくると、仕上げとチェックなど事務作業が主になり(作業はハードになる反面)熱は冷めてゆく。そして、仕上がる頃には出来具合を客観的に採点する「冷たい目」になっている、という感じだ。

Ende_3

・・・考えてみれば、音楽も同じで(実を言えば、コンサートで一番盛り上がっているかに見えるフィナーレも、もう「あとは終わるだけ」という点で作る側も演奏する側も意外に冷めていたりする)、ついでに言えば、人生も(?)同じかも知れない。

« エアコン昇天 | トップページ | オリジナル版リダクション版 »

#日記&雑感」カテゴリの記事