フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« サイバーバード協奏曲@PianoReduction版 了 | トップページ | Music NoteBook完成 »

2015年10月 9日 (金)

慶應鼎談

Keio15109三田の慶應義塾大学で、冨田勲さん、藤岡幸夫さんと「慶應出身の音楽家」鼎談。

三人とも慶応義塾高校の先輩後輩でもあり、舘野泉さんもそのお一人。冨田さんは小林亜星氏と同級だったそうだし、私も先輩に大野雄二氏(ルパン三世!)や松任谷正隆氏、後輩に千住明氏が居る。そんじょそこらの音楽大学より「音楽家輩出率」が高いのだ。

その理由は?というお題の鼎談だったのだが、冨田さんがハーレーダヴィッドソンで東京大阪間を6時間かけて走ったら地磁気の影響で肩こりがなくなった…とか(まるで渡り鳥だ!)、クラシック音楽を初めて聴いたのが戦争末期日本沿岸に近づいてきた米軍艦隊のラジオ放送で流れてきた「春の祭典」だった…とか、作曲家になると決めて父親に「こういう曲が書きたい」と春の祭典を聞かせたら「こんなモノ書いて金になるのか?」と一喝された…とかの話が面白くて脱線気味。

Tamachi学生時代から(勉強そっちのけで)音楽にのめり込んでいたのは三人共通だが、慶應つながりのサポーターに恵まれて若くして活躍の場を得たお二人に対して、私は全く孤立無援のまま三十代半ばくらいまでどん底生活。これは「運」の無さなのか「人徳」の無さなのか?(・・・ ハイ、人徳ですね)

« サイバーバード協奏曲@PianoReduction版 了 | トップページ | Music NoteBook完成 »

仕事&音楽」カテゴリの記事