フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« KENJI リハーサル | トップページ | 今日の頭脳改革 »

2015年10月16日 (金)

ネコのみぞ知る

Piano_cut004

昨年ヤマハから出版した「調性で読み解くクラシック」の担当嬢から「売れてます」と言われ、お土産にフルーツを貰う。「音楽書」というジャンルでは結構ベストセラーなのだそうだ。

ただし「なんで売れているのかはサッパリ分かりません」とのこと・( ^-^)_。そう言えば、どこかで大きく紹介されたことも書評に出たことも広告で見かけたこともない。その割に楽器店やAmazonなどの音楽書コーナーではここ1年ほぼ売上第1位をキープしているそうで、嬉しいと言うより不思議な感じがする。

もっとも、「売れてる」と言っても音楽書の世界のこと。千円の本が1年で一万部売れても例えば印税6%で源泉徴収されて年収54万(月収4.5万)、10%でも90万(同7.5万)。しかも翌年も売れるという保障は全くない。まがりなりにもベストセラーと言われる本でこうなのだから、本を書いて生きるのは(音楽を書いて生きるのと同じく)大変だ。

Sakekas_2 というわけで、夜は束の間現実から逃れて寿司をつまみに新宿へ。パドゥシャのアルバム用に仕上げたプロローグとエピローグの2曲(両方とも「ねこふんじゃった」のバリエーション)の楽譜をパーカッションの山口多嘉子さんに渡して、お酒(船中八策・一ノ蔵・開運)を飲む。

« KENJI リハーサル | トップページ | 今日の頭脳改革 »

#日記&雑感」カテゴリの記事