フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« 調性と音楽と殺人事件と | トップページ | Finaleの帰還 »

2015年12月16日 (水)

12月のブラームス

Brahmsj NHK 605スタジオでFM「ブラボー!オーケストラ」来年1月放送分残り1本の収録。

今回は1月31日(日)放送分で、ブラームス交響曲第4番ほか。大植英次指揮東京フィル(2015年9月22日第869回オーチャード定期より)。

ブラームスは、ベートーヴェンの呪縛(とブルックナーの追い上げ)に翻弄された末、ようやく交響曲第1番を完成させたのが43歳。そのあと45歳くらいから、トレードマークのヒゲを蓄え始め、最後の交響曲となった第4番を書いたのが52歳。ということは、交響曲作家としての活動期間はわずか10年足らずということになる。

その後、音楽家としては充実の日々を送るが、 独身老年の哀愁を漂わせながら57歳にして「創作力の衰え」を訴えほぼ隠居状態となり、63歳にして一人寂しく亡くなっている。・・なんだか身につまされて怖い話だが、それでも作曲家としては羨ましい人生のような気がする(のだがどうだろうか)。

そう言えば、同じ独身老年隠居作曲家のせいか、最近どこかで「ブラームス先生!(笑)」と(もちろん冗談で)声を掛けられたことがありますが・・・確かに、ヒゲと体型は似ております(笑)。上の写真など親近感が半端でないし・・・

« 調性と音楽と殺人事件と | トップページ | Finaleの帰還 »

仕事&音楽」カテゴリの記事