フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 芝居de深川 | トップページ | 田部京子リサイタル »

2015年12月 1日 (火)

iPad Pro

IpadsA4サイズの大きさになったiPad Pro。微妙に重く(723g)、べらぼうに高価(128GBのWiFiモデルで ¥112,800 と通常サイズのほぼ倍!)なので今回はパス…と思っていたのだが、ふと寄ったAppleStoreに在庫があったので、つい買ってしまった。

こういうモノが生活の一部を占めるとは、10年間には想像も付かなかったが、今では逆に、これがなかった頃どうしていたか想像が出来ない。本(や紙)の未来・・・のようでもあり、パピルスや粘土板などの原点に戻ってゆくようなデバイスでもあり・・・面白い。

結局9.7インチ(標準iPad)、7.9インチ(ミニ)、12.9インチ(iPadPro)と(酔狂なことに)全種併用することになったのだが、一番使うのはやはり標準iPad。文庫サイズの本を読むには最適と思った小型軽量の「ミニ」は意外と使わない。今回のProは最初に手に取ったときは「大きい!」という印象だったが、楽譜や大判の本などはこの大きさに慣れると、もう小さいサイズには戻れないような気がする。(ただし、もうちょっと軽くなって欲しい。ついでに紙のように丸められたらベストだが…)

サテ、未来は「もっと小さい」か「もっと大きい」か。

« 芝居de深川 | トップページ | 田部京子リサイタル »

ネット、パソコン」カテゴリの記事