フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 師走のチャイコフスキー | トップページ | 12月のブラームス »

2015年12月11日 (金)

調性と音楽と殺人事件と

Image001「調性で読み解くクラシック」の販売促進?を兼ねた取材を受ける。

「調性」…というと難しそうだが、普通の人でも「調子がいい・悪い」「調子が狂う」などと言うから、人間にとって「調」は身近なモノだ。

そして、人によって乗りやすい「調子」があるように、楽器や曲によって鳴りやすい「調」がある。クラシック音楽にはそれが顕著で、曲そのものの名前に「ハ長調」とか「嬰ト短調」とか付いているほどなのだが、それはナゼ?…というのを色々な方向(…音楽的・科学的・歴史的)から突いてみたのがこの本。

ちなみに(一般には固く信じられている)「長調=楽しい」「短調=悲しい」という感覚は、西洋キリスト教音楽に騙されている(日本人にとっては短調の方が調子がいい)のであり、その証拠に「♪きょうは楽しい雛祭り」という歌は短調ではないか!(…と誰かに説明したらすごくウケたことがある)。

Chocla

それはともかく、人を楽しませたり悲しませたり出来るなら、人を殺す「調」だってあるんじゃないか…という妄想から、例えば「嬰へ短調殺人事件」なんていうお話も出来るような・・・(「Siの音は死を呼ぶ(英語だとDeath Noteだ)」とか…「ABC(ラシド)殺人事件」とか…)気がしないでもない。

« 師走のチャイコフスキー | トップページ | 12月のブラームス »

仕事&音楽」カテゴリの記事