フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« iPad Pro | トップページ | 師走のチャイコフスキー »

2015年12月 5日 (土)

田部京子リサイタル

Kt2015浜離宮朝日ホールに〈田部京子ピアノリサイタル〉を聴きに行く。

今回はBBワークス(ベートーヴェン&ブラームス作品連続演奏)シリーズのの第5回目(最終回)で、ブラームス:3つの間奏曲op.117、ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番「熱情」と第32番ハ短調。

彼女の演奏は、どんな曲も「今生まれ落ちたかのように瑞々しく」再生する。ブラームスの間奏曲やベートーヴェンの32番のソナタなどは大いなる偏見を持って言えば(独身男性作曲家が老境にかかって孤独の中で書いたという点で)…おそらく〈女性に最も似合わない枯れた曲〉の筈なのに、まるで女神が降臨して穏やかな佇まいで神話を紡ぐかのような世界が広がる。

さらに、ごつい男が殴り弾きするのが最も似合う…と勝手に思っていた「熱情」ソナタの演奏の緻密で繊細なパッションは、この聞き慣れた曲を「初めて聴いた」瞬間に引き戻してくれた。聴いているのは紛れもなく「音楽」なのだが、そこにあるのはもはや「音」ではなく、彼女の世界の「佇まい」に触れ「時の流れ」を共有することなのだろう。

最後にアンコールで、バッハの(最もシンプルな)前奏曲ハ長調をさらりと弾いたが、これもその向こうにある「平均率クラヴィア曲集」全巻の偉容が見えるような…巨大な銀河の中の小さな星のひとかけらをふと手に載せられたような…絶妙の「佇まい」。ひさしぶりに音楽の深淵を覗き込んだかのような体験をした。

« iPad Pro | トップページ | 師走のチャイコフスキー »

コンサート、放送」カテゴリの記事