フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« 舞楽解説 | トップページ | おそうじパック »

2016年1月26日 (火)

OneNoteサンバ

On1OnenoteiPad ProでApplePencil を使うようになったものの、今いち手書きとキイボード入力を自在に併用できるようなアプリがない。…と思っていたのだが、Office365の中に入っていた〈One Note〉というアプリを再発見。

文字はキイボードなり手書きなりでもごもごと書き込み、そこにイラストなり記号なりメモなりをちゃっちゃと描き入れる…という使い方が「即」出来る、という点では極めて便利である(ということに今頃気が付いた)。

Cloudで同期しているので、iPad上で作成したものは即Mac本体で編集可能なほか、○△□のような図形は手書きを自動変換してくれる。 これで五線譜も書き込むことが出来、ついでに手書き譜を認識して清書してくれるともっと便利…なのだが、それは無理か。

それでも、Pencilを右手指に挟み、指先で文字を打ち込みつつペンで絵を描く…という(器用なんだか横着なんだかわからないような)二刀流が出来るのが嬉しい。

On3

…実は、これは作曲する時のスタイルと同じである。

←こんな具合に、鉛筆を右手指に挟み消しゴムを左手指で持ち、そのままピアノを弾き音符を書き、消しゴムで修正つつまたピアノを弾く。

パソコンのない時代には、これが出来るようになって一人前だった?のである。どっとはらい。

« 舞楽解説 | トップページ | おそうじパック »

ネット、パソコン」カテゴリの記事