フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« ブーレーズ氏追悼 | トップページ | 毎年恒例 〈祝・成人〉 »

2016年1月 8日 (金)

忘れっぽい天使 Ⅱ

Angel2_3

福田進一サンのギター、和谷泰扶サンのハーモニカで演奏された拙作〈忘れっぽい天使 Ⅱ〉および〈ベルベット・ワルツ〉の録音音源を聴く。 NAXOSから出る「日本のギター作品集」のシリーズ第3集に収録予定とのこと。

ハーモニカ(崎元譲サン)とギター(芳志戸幹雄サン)のために書いた〈忘れっぽい天使 Ⅱ〉は、私の最も初期(デビュー前の1979年26歳頃) の作品の一つ。 ハーモニカは笙+ヤンガルバレクで、ギターが武満徹+ラルフタウナー、拍子のない半図形楽譜ながら音はドーリア旋法…というわけの分からないコンセプトで書かれていて、自分の曲の中でもっとも良く分からない曲のひとつ(笑)でもある。

ところが、今回のお二人の演奏、実に愛おしくも美しい。自分の曲ながら一瞬聞き惚れてしまった。と同時に、これを聴いてもらった時の松村禎三師の謎の言葉を何十年ぶりかで思い出した・・・・

Fangel_2 そう言えば、何日か前に夢を見てね。それが、巨大な石仏が何体も頭の上を飛んで行くんだけど、静かで全く何の音もしない。そんな夢なんだよ。キミのこの曲を聞いたら、何となくそれを思い出した。ウン、それだけなんだけどね。

ああ、今ようやくその意味が分かった気がします、師匠。

« ブーレーズ氏追悼 | トップページ | 毎年恒例 〈祝・成人〉 »

仕事&音楽」カテゴリの記事