フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 3年目の夕日 | トップページ | 2月の京都・島原 »

2016年2月15日 (月)

音楽の考えられない軽さ

Cdless昨年の家計簿を見ていて、一年間で買ったCDが数枚(レアな現代モノ)だけだったことに気付いた。

むかし、ヒマさえあれば輸入レコード&CDショップをハシゴし、外出すれば必ず数枚のCDを買い込み、音楽評論をやっていた全盛期はヒト月100枚近い試聴盤を聴き、年間千数百枚単位で部屋に増殖していた頃を思うと、しみじみ「時代」を感じてしまう。

確かに若い頃ほど飢餓感を持って音楽を聴くことはなくなったが、今まで買い漁ったCDはほとんどパソコンに入っていてネット経由で聴けるし、新しいアルバムはiTunesで手に入れ、「どういう音楽か聴いてみたい」場合、クラシック系ならネットの音楽ライブラリ、ポップス系ならYouTubeで「即」聴くことが出来る。というわけで、そもそも数年前からCDプレイヤーというものが部屋に無い。

1980年代初めにCDが登場した頃、『SPの時代は「第九」一曲(十数枚組)が6〜7㎏。それがLP(2枚組)で200gほどになり、CD(1枚)で15g…と音楽はどんどん軽くなってきた。そのうち重さゼロになるに違いない!』…と〈冗談で〉言っていたのだが、現在クラウド上にある音楽は何万曲あっても0g。夢が現実になってしまったわけだ。

しかし、考えてみれば、音楽に元々重さはなく、空気を一瞬震わせて消えてゆく精霊のようなもの。二十世紀の初めにヘンな箱に入れられて重しを付けられていたものが、いま再び風のような軽さを取り戻したと考えればいいのかも知れない。

音即チ是レ空ナリ

« 3年目の夕日 | トップページ | 2月の京都・島原 »

#日記&雑感」カテゴリの記事