フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・06月04日/11日/18日
    ・07月02日

« 一字違いの有名人 | トップページ | お知らせ »

2016年2月22日 (月)

ねこの日(2/22)に

Bcat

パドゥシャの新アルバム〈チェシャねこリターンズ!(吉松隆作品集)〉の編集済音源を聴く。

いや、面白い。自分の曲を面白がるのもナンだが、このお二人(パーカッション:山口多嘉子サン、ピアノ:小柳美奈子サン)にでなかったらこんな曲(アレンジ)は書かなかっただろう…という「ハメを外した」可愛くもトッ散らかった音楽のオンパレードである。

私の頭の中に「チェシャ猫」と「いかれ帽子屋」が居ることは否定しないが、さすがに一応大人として社会人として(現代の作曲家として)常日頃は隠しているつもり。それが、彼女たちを触媒として(鎖を解き放たれて)涌いて出て来るような感じ…と言ったらいいだろうか。(それが「いい」のか「やばい」のかは、神のみぞ知る)

Cat6ちなみに、スタジオで作った〈トラウマ氏の庭〉…ピアノとパーカッションと電子音響(とボーカロイド)のための…は、シュトックハウゼン氏の名作〈コンタクテ〉へのオマージュなのだが、カールハインツ先生、怒らないで(笑わないで?)ください。

« 一字違いの有名人 | トップページ | お知らせ »

仕事&音楽」カテゴリの記事