フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« 京都de残暑 | トップページ | 日本庭園でのプレイアデス舞曲 »

2016年9月 1日 (木)

9月の曼荼羅

Mandalasym京都より戻ってから、何か憑き物でも連れて帰ったか、と思うほど体調不良になる。

それに呼応してか、メインマシンとして使っているiMacの起動がおかしくなり、ディスクユーティリティやSMCリセットからメモリの整理まで思い付く限りのメインテナンスを試みるも、身体とハードとソフトとを襲う老いのポンコツ感にしみじみ滅入る。

というわけで、ここしばらく、ほとんど耳が音楽を受け付けなくなっていたのだが、先日FMでの鼎談(おんがくのつぼ)を聴いて以来、くるりの「ブレーメン」と植松伸夫氏の「チョコボのテーマ」が頭の中でヘビロテを始め…いかんいかん、と岸田繁氏からもらったCDを聴いていたら、今度は 「♪上海蟹食べたい」という歌が止まらなくなってしまった・orz。音楽は怖ろしい。

という泥沼の中、黛敏郎氏の〈曼荼羅交響曲〉のスコアを読み返す。同じEdition Petersで出版されている〈涅槃交響曲〉の方はちゃんと浄書されているのに、こちらは荒っぽい手書きコピーのまま。インクの滲みで音が判読できない部分が多く、あまりに読みにくいので、いっそ自分で浄譜してみようか…とFinaleを開いて入力し始めたところ……クラッシュ。そうそう。OSX(10.11.6)との相性不具合でFinale2014はしばらく使えないのだった。

というわけで改めて、身体とハードとソフトとを襲う老いのポンコツ感に……以下同文。

« 京都de残暑 | トップページ | 日本庭園でのプレイアデス舞曲 »

#日記&雑感」カテゴリの記事