フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 2017年8月 | トップページ

2017年9月18日 (月)

マリンバ協奏曲@リダクション版

Mbconp夏中かかったマリンバ協奏曲〈バードリズミクス〉リダクション版ようやく仕上がる。

2010年に三村奈々恵さんのために作曲。飯森範親指揮京都交響楽団で初演。2014年CD発売(COCQ-85061)。今回のリダクション版は、ピアノ伴奏にパーカッション(bongo, conga ほかアフリカの太鼓など自由に)付きという変則形で作成 。

スコア69p、マリンバ・パート譜21p、パーカッション・パート譜13p。オリジナル・オーケストラ版(既発売)と共に、ASKS.orchより供給の予定。

2017年9月13日 (水)

古い映画のパンフレット

Movp_2押し入れを整理していたら、60〜70年代頃の古い映画のパンフレットが100冊近くごっそり出て来た。

一番古いのは、 小学生の時、叔母に連れられて見に行った 「キングコング対ゴジラ」(1962)。何作かある 「007」シリーズは、さすがに中学になってから再映を見たのだろう。「サウンドオブミュージック」や「ベンハー」などの名画は学校の映画鑑賞会。「猿の惑星」から「ターミネーター」(1984)あたりまで、怪獣モノやB級SF・ホラー映画が多い。

こういう代物がお宝なのか紙くず同然なのかよく分からないが、さすがに古新聞と一緒に資源ゴミに出すのは気が引けるので、同じ棚から出て来た古い美術本や海外のSFイラスト本などと一緒に(そういう趣味の)古本屋さんを探して引き取ってもらうことにする。

2017年9月 9日 (土)

美の軌跡展

Gallery21b
母(道子)の作品2点が展示されている「美の軌跡展」を見に行く。

お台場のグランドニッコー東京内のGallery21で9/8から9/13まで開催中。

2017年9月 8日 (金)

CD優しき玩具

CdtendertoyshmCD「優しき玩具」(CamerataTokyo CMCD28350)届く。

ハーモニカの崎元譲氏とギターの小川和隆氏のデュオによる作品集。私の「優しき玩具」より8曲(木漏れ陽のロマンス、朝の歌、リムセ、水色のアリオーソ、L嬢の肖像、雨のアラベスク、アーノルド氏のオルゴール、ベルベットワルツ)の他、林光・三宅榛名・菅原明朗氏らによるハーモニカとギターの作品を収録している。

崎元譲さんは、私が作曲家デビューする前(25歳頃 )原田力男さんプロデュースによる〈プライベート・コンサート〉で出会った「初めてのプロの演奏家」。ハーモニカという(クラシック界ではちょっと異質な)不思議な響きの楽器に惹かれて 〈忘れっぽい天使〉シリーズやモノドラマの連作など色々な作品を書き、ラジオドラマの音楽や舞台作品など多くの仕事でご一緒した。

Cd_sakimoto半音階も出せるクロマチック・ハーモニカということで、ずいぶん実験的なサウンドにも挑戦したが、決して無機質な音にはならず、独特なペーソスを含んだ不思議な温かさがある。 おかげで「5月の夢の歌」や「ベルベットワルツ」などなど崎元さんのハーモニカに触発されて生まれた旋律は少なくない。

現代音楽の時代真っ只中に作曲家になって最初に出会った楽器が「ハーモニカ」だった…というのは、「どんな時代でも音楽にはPathosを決して忘れるな」という天啓だったのだろうか。(その割には、最初に書いた曲が〈忘れっぽい天使〉だったのだけれど…)

« 2017年8月 | トップページ