フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・01月07日/14日/28日
    ・02月04日/11日/18日
    ・03月04日/11日/18日/25日
    ・04月01日/08日/15日/22日
    ・05月06日/13日/20日
    ・06月03日/17日
    ・07月01日/08日/15日/22日
    ・08月05日
    ・09月02日/09日/16日
    ・10月07日/14日/21日
    ・11月04日
    ・12月02日

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月22日 (月)

亡き子は天に遊ぶ

MahlergFM「ブラボー!オーケストラ」2本の収録にNHK605スタジオへ。

今回は、2018年10月13日の神奈川フィルみなとみらい定期から、マーラーの〈交響曲第4番〉と権代敦彦〈子守唄〉の2曲を(時間の関係で)2回に分けて収録。

11月4日(日)放送が、マーラー〈交響曲第4番〉の前半第1楽章から第3楽章まで。
そして(ちょっと離れて)12月2日(日)放送が、後半の第4楽章(ソプラノ:市原愛)と〈子守唄〉。演奏は川瀬賢太郎指揮神奈川フィル。権代作品はメゾソプラノ:波多野睦美、ピアノ:野田清隆、横須賀芸術劇場少年少女合唱団。

〈子守唄〉は、大阪の池田小事件で犠牲になった娘を偲ぶ母親の手記と旧約聖書やミサ曲の典礼文を交錯させた感動的な作品。この現代版「亡き子をしのぶ歌」を交響曲第4番の〈天上の生活〉で受けるという構成(…なのだが、放送の都合で2回に分割され、しかもひと月近く間が開いてしまうという仕様に)

それにしても、このうえなく美しい響きの中で「天国はいい処だよ」と歌われるマーラーの曲は…怖い。何の苦しみもなく安らかで楽しい世界…それは「死」の向こうにしかないからだ。…などという聴き方をすること自体、マーラーの毒に取り込まれている証拠なのだろうけれど。

2018年10月12日 (金)

第7樂章:お酒が私に語ること

Izakaya久しぶりに居酒屋に寄る。

もしこの世に天国というものがあるなら、それは居酒屋のカウンターの上にある…ような気がする。

2018年10月 2日 (火)

ショスタコーヴィチ二題

SdrFM「ブラボー!オーケストラ」10月分2本の収録にNHK402スタジオへ。

10月14日(日)放送分は、ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番(vn:パヴェル・ベルマン)、バッティストーニ指揮東京フィル(5月31日第908回サントリー定期より)ほか

1810
10月21日(日)放送分は、ラヴェル:ピアノ協奏曲(p:小山実稚恵)、ドビュッシー交響詩「海」。ロレンツォ・ヴィオッティ指揮東京フィル(7月19日第910回サントリー定期より)

          *

岩波書店「図書」10月号届く。

この6月に神保町ブックセンターで行った、亀山郁夫氏との「ショスタコーヴィチ〜引き裂かれた栄光」刊行記念トークイベントから…対談「ショスタコーヴィチの謎と仕掛け」… を収録。

20世紀音楽が見た夢が、枯れ野を駆けめぐる。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »