フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・01月05日再/12日/19日
    ・02月02日/09日/16日
    ・03月01日/08日/29日
    ・04月05日/12日/19日
    ・05月03日/10日/17日/24日
    ・06月07日/14日/21日
    ・07月05/12/19/26日(再)
    ・08月02日/16日/23日
    ・09月06日/13日/20日/27日

« サイバーバード協奏曲TRIO版 | トップページ | 冬の京都 »

2018年12月10日 (月)

羨ましい作曲家たち

RssFM「ブラボー!オーケストラ」2本の収録にNHK 401スタジオへ。

12月16日(日)放送分は、ロッシーニ「ウィリアムテル」序曲、ベートーヴェン交響曲第7番。渡邊一正指揮東京フィル(2018年10月1日第11回平日の午後のコンサートより)

そして来年1月13日(日)放送分が、ロッシーニ「アルジェのイタリア女」「チェネレントラ」序曲@バッティストーニ指揮東京フィル(11月12日第121回オペラシティ定期より)。サン=サーンス交響曲第3番「オルガン付き」ミョンフン指揮東京フィル(10月5日第911回サントリー定期より)

古今の大作曲家たちには「彼らのような才能が欲しい・彼らのような音楽を書きたい」と憧れることはあっても、「彼らのような人生を歩みたい」と思うことは極めて少ない。素晴らしい音楽と引換えの罰ゲームのような人生がほとんどだからだ。

そんな中で「幼少時から神童と称えられ、青年期には人気作曲家として名を成し、奥さんにも子供にも経済的にも社会的にも恵まれて巨匠となり、悠々自適な晩年を過ごしてそこそこ長生きをする」タイプも稀に存在する。ロッシーニとサン=サーンスはその代表格かも知れない。

特に、20歳頃から年に4つも5つもオペラを書き飛ばして時代の寵児となり、人気絶頂の三十代後半でさっさと引退し、残りの人生はグルメ&美食三昧。それでも70代後半まで長生きしたロッシーニは「せめてなりたや」の憧れレベル。
同じく神童から巨匠になり、ピアノとオルガンの達人にして詩や絵から数学・天文学まで玄人はだしだったというインテリ博学のサン=サーンスも捨てがたい。もう何もかも手遅れだが・・・

« サイバーバード協奏曲TRIO版 | トップページ | 冬の京都 »

仕事&音楽」カテゴリの記事