フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・01月05日再/12日/19日
    ・02月02日/09日/16日
    ・03月01日/08日/29日
    ・04月05日/12日/19日
    ・05月03日/10日/17日/24日
    ・06月07日/14日/21日

« 早咲きの桜 | トップページ | 確定申告 »

2019年2月28日 (木)

エルガーとヴォーン=ウィリアムス

Elgarvw

FM「ブラボー!オーケストラ」3月分2本の収録のためNHK605スタジオへ。

3月10日(日)放送分は、ヴォーン=ウィリアムス「グリーンスリーヴス幻想曲」、エルガー「チェロ協奏曲」(vc:辻本玲)ほか。

3月17日(日)放送分は、モーツァルト「魔笛」序曲、交響曲第41番〈ジュピター〉ほか。演奏は円光寺雅彦指揮東京フィル。 いずれも2019年2月2日座間市で行われた番組の公開収録から。

最初の一本は、個人的に大好きなイギリス近代もの。特に「グリーンスリーヴス幻想曲」は高校のオーケストラ部(ワグネルソサイエティ)に入って最初に練習した思い出の曲でもある。中間部に不思議なメロディが出て来て、それが凄く印象的なのだが、後年(1980年代)キース・エマーソンが「タッチ&ゴー」という曲のイントロで朗々と鳴らしていて驚いた。「なんと、まあマニアックな!」と思ったら、実はイギリスでは結構有名な古謡(Lovely Joan。採譜はヴォーン=ウィリアムス)なのだそうだ。

もうひとつちなみに、 エルガー(写真右)は犬好きで、ヴォーン=ウィリアムス(写真左)はネコ好き。その違いは音楽の性格にも表れているような気が…しないでも無い。

余談ながら、モーツァルト最後の交響曲が「41番」という一見平凡そうに見える数なのが昔から不思議だった。ところが、数学マニアの知人に言わせると「41は素数。しかも13番目の素数なので、素数番目の素数=スーパー素数」なのだそうだ。なるほど。では、これからは〈ジュピター〉ではなく交響曲第41番〈スーパー素数〉と呼ぶことに(笑

« 早咲きの桜 | トップページ | 確定申告 »

仕事&音楽」カテゴリの記事