フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・01月05日再/12日/19日
    ・02月02日/09日/16日
    ・03月01日/08日/29日
    ・04月05日/12日/19日
    ・05月03日/10日/17日/24日
    ・06月07日/14日/21日
    ・07月05/12/19/26日(再)
    ・08月02日/16日/23日
    ・09月06日/13日/20日/27日

« ドファ問題 | トップページ | ロックな古典? »

2019年6月13日 (木)

海と光と空と

Kaiju 映画「海獣の子供」を見る。

五十嵐大介氏原作の全5巻は(もともと初期の「はなしっぱなし」や「そらトびタマシイ」の頃からファンだったので)読んでいたが、その精緻な絵柄をそのままフルカラーで再現した上それが「動く」のだからたまらない。魚の群れの動き、雨や嵐の空気感、圧倒的な質量を持つ巨鯨の存在感、その波しぶき、波打ち際の水面や光の描写…全てのシーンが一幅の絵画のような完成度で、コンピュータによる3DCGの技術を知らなかったら「一体、どうやって描いたのか?」と畏怖感を覚えたに違いない。(そう言えば、80年近く前の「ピノキオ」(1940!)でも巨大クジラが緻密な波しぶきを上げていたことを思い出した。あれはもちろん手作業の職人技だったけれど…)

物語は、主人公の少女(琉花)が、ジュゴンに育てられたという二人の少年(海と空。これが海獣の子供)と出会い、海の中で繰り広げられる不思議な出来事に遭遇するひと夏の話。隕石を精子とし海を子宮とする生命誕生の儀式のようなものが後半に展開し、「2001年宇宙の旅」を思わせる謎めいた色彩と光の洪水が押し寄せる。それについて脇役たちが所々で哲学的・科学的な解説をしてくれるのだが、いまいち分かりにくい…というより観念的に過ぎるので、むしろ(氏の「はなしっぱなし」の中の物語のように)そのまま神話や伝説あるいは奇譚の類として「何だか分からないがそういうことです。不思議ですね」で済ませてしまっていいと思う。「2001年」も最初はナレーションで解説を付けていたのを最終的に取ってしまったのだそうだが、これも映像(と音楽)だけで全てを語らせて充分世界観は伝わる。そういう作品のような気がする。

« ドファ問題 | トップページ | ロックな古典? »

本CD映画etc」カテゴリの記事