フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・01月06日/13日
    ・02月03日/10日
    ・03月10日/17日/24日
    ・04月07日/14日/21日
    ・05月12日/19日
    ・06月02日/09日/16日
    ・07月07日/14日
    ・08月04日/11日/18日

« 怪獣王ゴジラの凱旋 | トップページ | 海と光と空と »

2019年6月12日 (水)

ドファ問題

Name最近、日本の名前の英語表記を「姓・名」の順にしようという動きが始まった(らしい)。

むかしは、「名・姓」と逆に綴る方が国際的で格好いい…と単純に思っていたが、現実に海外で仕事をするようになると(HondaとかToyotaなどという有名な名前以外は)「どっちが姓でどっちが名前?」と聞かれることが少なくない。なにしろ「名」は「First name」で「姓」は「Last name」なのだ。後の方がファーストで前がラスト…と説明すればするほどややこしい。なので、署名などでは姓の方を大文字で書くようにしていた。

ただ、発音する場合は区別の付けようもなく、海外での表記はCDでも楽譜でも記事でも全て「名・姓」の順。それに逆らって敢えて「姓・名」にこだわるとますます「どっちがFirst nameですか?」の問いが多くなると言うジレンマ。そのせいか、自分の自筆楽譜の表記も「名・姓」だったり、「姓・名」だったりまちまちで一貫性がない(笑

音楽の世界では、バルトーク・ベラやコダーイ・ゾルタンなどハンガリーの作曲家が日本と同じ「姓・名」の順。中国も日本と同じ(毛沢東はMao Zedong)だが、音楽家などは海外で活躍する人が多いので、どちらが姓なのか(ヨーヨー・マやラン・ランなど)迷うことも少なくない。なので、統一してくれると有り難いは有り難いが、過去の文献や記事や出版物まで全て…というのは無理だろうから、つまるところ「どっちがFirst nameですか?問題」(略して「ドファ問題」)が無くなることは当分無さそうだ。

« 怪獣王ゴジラの凱旋 | トップページ | 海と光と空と »

#日記&雑感」カテゴリの記事