フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・01月05日再/12日/19日
    ・02月02日/09日/16日
    ・03月01日/08日/29日
    ・04月05日/12日/19日
    ・05月03日/10日/17日/24日
    ・06月07日/14日/21日

« 銀座のブラームス | トップページ | 熱燗の冬 »

2019年12月13日 (金)

深川の忠臣蔵

Machiひさしぶりに深川江戸資料館へ出向く。

復元された町並みをぶらぶら歩くうち、「米屋」の奥の神棚?のような位置になぜかニワトリが二羽、貴重品のように並んで居るのを見つける。不思議に思って見上げていると、解説員の男性が「これは米に付いた虫を食べさせるために飼っていたんですよ」と説明してくれた。

米屋だとむしろネズミよけに猫を飼っていそうな気もするが、江戸時代では猫は高級愛玩動物で金持ちのもの。庶民がネズミ除けに飼えるようなものではなく、代わりに「猫の絵」を買ったほどなのだそうだ。(実際、専門に「猫絵」を描き、売り歩く業者も居たのだとか)

Yoinokaiそのあと午後から小劇場で「善の快」の公演を見る。知り合いが女優さんをやっている劇団で、今回の出し物は忠臣蔵の裏話をネタにした「ツッコミ忠臣蔵〜堀部安兵衛の妻」。

日本人の知る忠臣蔵は劇として感動的に装飾されすぎているが(確か故杉浦日向子さんも言っていたように)見方を変えれば「47人の大の男が完全武装して、寝ているじいさま一人を惨殺したテロ事件」(実際、討ち入った赤穂方は47名全員ほぼ無傷、吉良方は死者17名負傷28名)。当然ながら「なぜ?」という突っ込みどころが満載の物語で、今回の劇でもそのあたりの「ツッコミ」に新説を交えて面白おかしくかき混ぜてくれていて楽しめた。

おかげで杉浦日向子さんを思い出して著書(「百物語」「ゑひもせす」「百日紅」…)を再読するも、彼女の著作は一部のエッセイ本以外まだまったく電子書籍になっていないことに気付く。電子化されたら全著作買い直すのに…。

« 銀座のブラームス | トップページ | 熱燗の冬 »

#日記&雑感」カテゴリの記事