フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・01月05日再/12日/19日
    ・02月02日/09日/16日
    ・03月01日/08日/29日
    ・04月05日/12日/19日
    ・05月03日/10日/17日/24日
    ・06月07日/14日/21日
    ・07月05/12/19/26日(再)
    ・08月02日/16日/23日
    ・09月06日/13日/20日/27日

« 芸術と食の未来 | トップページ | 微笑む巨匠たち »

2020年1月27日 (月)

微笑むベートーヴェン

BeethovensmileFM「ブラボー!オーケストラ」2月分残り1本の収録にNHK605スタジオへ。

今回は2月16日(日)放送分で、スメタナ歌劇「売られた花嫁」序曲とベートーヴェン交響曲第5番「運命」。円光寺雅彦指揮東京フィル(2019年12月2日第3回渋谷の午後のコンサートより)

ベートーヴェンというと…子供の頃に音楽室で見てトラウマになる怖い顔の肖像画の代表格だが、最近人気のAI表情エディタ「Face App」というのを使うと一瞬にして笑顔になる(笑 →

こういう顔の肖像画が残っていたら、クラシック音楽を「固い」と感じる印象も随分変わっただろうと思うが、「(AI技術で無理やり笑わせるなんて)冒涜だ!」と激怒する方も居そうだ。むかし「運命」のフィナーレで舞台裏からブラス別働隊やドラムスが登場してどんちゃん騒ぎになる演出をさるオーケストラに提言した処、団員やスタッフは面白がってくれたのだが、指揮者が「(楽聖の書いた楽譜を改竄するような演奏をするなんて)冒涜だ!」と主張してボツになってしまったことがある。ロボットに「運命」を指揮をさせるコンサートをやった時も、会社のトップが「(神聖なる指揮を機械にやらせるなんて)冒涜だ!」と激怒して開発セクションが吹っ飛んでしまった。そこは面白がって笑って欲しい、と思ったのだが、冒涜マンの怒りの前では風前の灯火だった(笑

そう言えば(ウンベルト・エーコの「薔薇の名前」(中世を舞台にしたミステリー小説)でも描かれていたが)、キリスト教(特にカトリック系)の世界では聖書にキリストが笑う描写が無いことから「笑い」は忌むべきことだと主張する人が居る。その延長線上なのか芸術界でも、普段は結構冗談を言って笑う人なのに写真を撮られるときだけ真面目くさった顔でポーズを取る人が少なくない。個人的には、「面白いこと」「笑えること」を否定するロジックが存在する…というのは、逆に面白いし笑える(?)と言えなくもないが、ベートーヴェンだって(肖像画を描かれているとき以外は)笑っていただろうし、ロックやロボットと共演する自分の曲をきっと楽しんでくれたはず(だと思うのだがどうだろうか)。

« 芸術と食の未来 | トップページ | 微笑む巨匠たち »

仕事&音楽」カテゴリの記事