フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月24日 (火)

よりにもよってメンデルスゾーン

Felixletter FM「ブラボーオーケストラ」11月/12月分2本の収録にNHKへ。

今回はこの11月20日にすみだトリフォニーホールで行われた新日本フィルハーモニー交響楽団第627回定期演奏会から…
・11月29日(日)放送分は、メンデルスゾーン「静かな海と楽しい航海」、モーツァルト「協奏交響曲変ホ長調K.364(vn:成田達輝、va:東条慧)。
・12月6日(日)放送分は、メンデルスゾーン交響曲第3番「スコットランド」。尾高忠明指揮新日本フィルハーモニー交響楽団。(↑写真はメンデルスゾーンがスコットランドに行ったときに家族宛に描いた絵はがき)

余談ながら、むかしむかし私が小学校にあがりたての頃、生意気にクラシック音楽のソノシートなど聞いているのを見て学校の先生が「好きな作曲家は?」と聞いたところ、「メンデルスゾーン」と即答したらしい。
ベートーヴェンとかモーツァルトとか言うのかと思ったら「よりにもよってメンデルスゾーン!」とずいぶん後になっても繰り返しそう言っては思い出し笑いされた。

メンデルスゾーンの何の曲を聞いてそう思ったのか(というより5歳児がどこでメンデルスゾーンなどという名前を覚えたのか)記憶にないが、どこかで「無言歌集」の一曲でもピアノで聞いて気に入っていたのだろうか。まさか「スコットランド」ではないと思う。

追記:このところずっとコロナ禍のひきこもりで人と話すことがない日々が続いているので、たまにマイクの前に座ってふと気付くと…日本語が出て来ない(笑)。来年までこれが続いたら日本語を忘れてしまっているかも知れない。

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »