フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。

« 運命のトラウマ | トップページ | 年の瀬 »

2020年12月25日 (金)

邯鄲の夢

Photo_20201225103301  ヘンな夢を見た。
 普通に大学を卒業して…音楽とは関係のない企業に勤めて…海外を行き来しながら普通に結婚して…娘がひとりいて…そこそこ充実した生活を送ったあと還暦をすぎて引退し、ソファの上でネコを膝に抱きながらふと長い人生を思い返している。そんな夢だ。

 で、妻と娘を相手に口を開く。「実は、本当は作曲家になりたかったんだ」
「音楽大学には行かずに、独学で交響曲を5つ6つ書いて、それを海外でCD録音して貰って。そうそう、5番はジャジャジャジャーンって始まるんだ。それからいろんな楽器に協奏曲を書いて、もちろんピアノや邦楽器の曲なんかも書いて、雅楽なんかも書いて。ロックや映画やアニメの音楽も書いて、「タルカス」をオーケストラにして、NHKの大河ドラマの音楽もやって。で、還暦のコンサートにはキース・エマーソンと冨田勲がお祝いに駆けつけてくれるんだ」
「そんな都合のいい、夢みたいなこと、あるわけないじゃないの!」。妻と娘が呆れて笑う。

 で、目が覚める。
 なるほど。そう言われて見ると、本当に都合のいい、夢みたいな人生だった(笑。

« 運命のトラウマ | トップページ | 年の瀬 »

#日記&雑感」カテゴリの記事