フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。

« ディアギレフの名馬たち | トップページ | N響演奏会ゲスト »

2021年2月 8日 (月)

S氏がもしAI作曲家に代作させていたとしたら

Sn-by-aiaarg 書籍『S/N』−S氏がもしAI作曲家に代作させていたとしたら
編・著・発行:人工知能美学芸術研究会人工知能美学芸術研究会 ・・・出版(3月中旬発売予定)のお知らせ

S(佐村河内守)氏のアノ事件からもう7年たつ。クラシック音楽界で起きた事件としては珍しくTVのワイドショーや雑誌の三面記事にまで取り上げられ世間の注目を浴びた面白くも奇妙な出来事だったが、耳が聞こえる聞こえないで詐称した部分・および代作に関する虚偽など「詐欺師」の側面が大々的に取り上げられ過ぎて、音楽的な部分に関する究明はほとんどされないまま忘却の彼方に消え去りかけている…

…と思ったら、「もしゴーストライターが生身の作曲家でなくAI(人工知能)だったら?」という視点で問題提起を試みた書籍が登場。私も半分当事者として多少内部事情を知る立場に居たので、当時ブログにリアルタイムであれこれ書いたものを再収録する…という形で参加させて貰うことになった。

士郎正宗「攻殻機動隊(Ghost in the Shell)」(1991)の中で、人間やAIの中にある自我や意識をゴーストと呼んでいたが(元のネタはA.ケストラー「機械の中の幽霊(The Ghost in the Machine)」(1967)とのこと)、その延長線上のゴースト・ライターと考えると実に意味深な概念だなと改めて思う。このコロナ禍の時代、音楽が「人から人へ」と感染する媒体ゆえにその存在が危機的な状況となり、ますますネットやAIなどの仮想空間における祭祀になりつつある現代、「音楽は(そして人間は)何処へ行くのか?」という問いかけにも繋がりそうで興味深い。

https://www.aibigeiken.com/store/sn_j.html
http://www.nadiff-online.com/?pid=157316649

« ディアギレフの名馬たち | トップページ | N響演奏会ゲスト »

本CD映画etc」カテゴリの記事